NS切削工法 (適用範囲 既設管・複合管)

               NS切削工法は、既設のマンホール内のインバートを低騒音で切削し、更に非開削でマンホールに接続する既設管外周部に円筒状のス
               ペースを設けることを可能とする切削技術である。
               本工法によって、切削したスペースに、耐震可とう継手を設置することで、接続部を耐震構造に改良することができる。

リメイクリング (適用範囲 自立管)


              リメイクリングは、非開削で更生管(自立管)とマンホールとの接続部に耐震可とう継手を取り付け、レベル2地震動を想定
              した、更生管の抜出し・突出し・屈曲に対応する耐震化工法です。本工法は、管更生工法施工済箇所に耐震可とう継手を設置
              するケースと管更生工法施工とあわせて耐震可とう継手を設置するケースの双方が可能です。


エースモール工法 (広範囲な土質条件で、長距離・曲線推進を実現)


泥土圧式の掘削・圧送排土機構と独自の位置計測システムを採用し、軟弱地盤から岩盤までの幅広い土質条件で高精度な長距離・曲線推進を実現。

   鋼管さや管推進工事      


高精度・高能率・経済性を追求した、『NSモールⅡ』長距離推進も可能